個人事業主《即日振込》カードローン

事業資金の借入先

個人事業主が事業資金を借り入れたいときは、公的な借入先と、民間の事業主向けローンの2つのパターンがあります。公的な借入先ですと、銀行や日本政策金融公庫の融資制度があります。とくに、後者の制度は、無担保で資金の借入ができるので、自己資金が厳しいという人にはうってつけの制度です。民間のローンの中にも、無...

≫続きを読む

個人事業主でも借入できる銀行

個人事業主でも銀行から借入することは可能です。ウェブ上の掲示板では、「個人事業主は銀行から借入ができない」とウワサになっているところもあるみたいですが、実際にはそのようなことはありません。個人事業主でも借入ができる銀行の1例を挙げると、みずほ銀行のカードローンや、三菱東京UFJ銀行のカードローンがあ...

≫続きを読む

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、その名のとおり、仕事をする上でお金が必要になったときに借入するローンのことです。主に、中小企業の代表が借りるというイメージがついているようです。ビジネスローンには、大きく分けて2つのパターンがあります。政府系の金融機関・銀行から借入を行う「公的のローン」と、ノンバンクと呼ばれる民...

≫続きを読む

個人事業主向けカードローンの審査

個人事業主向けのカードローンは、審査が厳しいと一般的にいわれています。公務員・大手企業のサラリーマンとくらべて、ローンの審査に通りにくいのが現実です。カードローンの審査ではどこを見られるかというと、収入が安定しているかどうか、どのくらいの期間事業を続けているか、確定申告を行っているかなど、まっとうな...

≫続きを読む

金利が安い借入先

個人事業主が借入をする場合に、金利が低くておススメなのが、公的な金融機関に申しこむことです。日本政策金融公庫が代表的ですが、いつも取引を行っている銀行に相談したり、信用保証協会に申しこんだりという手もあります。なるべく金利を抑えて資金を調達したいと思ったときは、町かどにあるプロミスのような金融機関を...

≫続きを読む

審査が甘い借入先

個人事業主が審査の甘い借入先を選ぶときのポイントは、なるべくカードローン系の融資を選択することです。政府系の借入先は、金利が低い・返済期間が長いなどの利点がありますが、審査がシビアである場合が多いので、スムーズに借入がスタートしない可能性があります。おススメは、SMBCコンシューマーファイナンスと呼...

≫続きを読む

融資の限度額が多い借入先

個人事業主がとにかく融資限度額の高いところを選ぶとなったら、まずは銀行系のカードローンを確認しましょう。基本的にノンバンク系のローンより限度額が高く、借入先として名が通っているので安心して融資を受けることができます。また、自分の収入を気にせず借りることのできる、総量規制の対象外である事業ローンもおス...

≫続きを読む

無担保、保証人なしでOKの借入先

個人事業主として、無担保・保証人なしで借入をしてくれるところは、少ないですが確実にあります。事業を行っていると、運転資金が足りなくなったり、あと少しでいいので一定の金額が必要になったりすることはあるでしょう。そんなときに、無担保・無保証でお金を貸してもらえたら、とても助かります。無担保・保証人なしで...

≫続きを読む

審査のスコアリングとは

借入をする際に重要になってくるのが、「審査のスコアリング」です。カード会社が顧客に融資をする場合に、貸したお金が返ってくるかどうか、その顧客は安全かどうかを判断するための基準として、顧客自身の個人情報にスコア(ランク)がつけられています。ランクによって、どのていどのお金なら貸せるか、まったく融資はで...

≫続きを読む

ビジネスローンの返済期間

個人事業主がビジネスローンを借りる際に気になるのは、返済期間でしょう。ローン会社によってまちまちなのが現状です。長いところだと10年も余裕を持って借りられるところもあれば、短いところは2〜3年のところもあります。平均して、5年ほどで返済するというのが一般的なようです。また、返済がむずかしくなった場合...

≫続きを読む

総量規制とは何か

借入となる際にたびたび出てくる言葉に、「総量規制」があります。これは、年収の1/3を上回る借入をしていたときは、それ以上の金額の融資を受けることができないという制度です。この制度は、2006年から始まっていて、2010年には全面的に施行されるようになりました。個人事業主で、これから借入を行って事業を...

≫続きを読む

個人事業主向けカードの年会費

個人事業主がクレジットカードをつくる場合、無駄な経費を削減するために、年会費の安いところを選んだ方がいいでしょう。今は、年会費が無料のカードも少なくないので、会社をしっかり選ぶことによって、適切なカード使用ができます。年会費が無料のカードは、無料なのであまりお得なサービスが付かないことが多いです。年...

≫続きを読む

個人事業主向けカードの名義について

個人事業主として事業をする場合に、クレジットカードをつくることがあります。このとき、名義はどうすればいいのかと疑問に思う人がいるでしょう。ほとんどの場合、代表の名義でカードをつくります。まったく問題ありません。できれば、私用と事業用でカードを分けておく方が良いです。1枚のカードで支払いをいっしょにし...

≫続きを読む

個人事業主向けカードのおすすめ

個人事業主におすすめのクレジットカードは、使い道・年会費など、選ぶポイントがいくつかあります。■低料金で済ませたい方には、JCBゴールド法人カード。まず、なるべく安くあげたいという人には、JCBゴールド法人カードがおすすめです。年会費は1年目がタダです。もちろん、会社名義と個人使用のカードを分けるこ...

≫続きを読む

プロミス自営者カードローン

プロミスのカードローンは、自営業者にとって、うまく使えば最高のパートナーになってくれます。最速で申しこんだ日に融資を受けることもできるので、いざというときに資金調達の切り札になります。また、審査も比較的カンタンなので、借入ができる可能性が高いです。インターネットから申しこめませんが、さまざまなところ...

≫続きを読む

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードは、個人事業主にとって使いやすいカードのひとつでしょう。ポイントの還元率が高いので、事業でカードを使用した分だけ、楽天の商品を手に入れるようなことが可能になります。また、楽天ビジネスカードに加入すると、楽天プレミアムカード(個人用のカード)を発行することが義務づけられます。年会費が...

≫続きを読む

審査に必要なもの

個人事業主がカードローンを申しこむときには、書類をそろえなれければいけません。個人事業主にかぎらず、公務員でもサラリーマンでも、一定の書式を提出しないと、融資を受けることはできません。基本的に、本人確認のための書類と、収入を証明するための書類の2つのパターンが必要になります。どんな書類が必要なのかあ...

≫続きを読む

個人事業主の所得と経費

個人事業主として仕事をしていくには、所得と経費についての理解が必須です。なぜこの知識が必要なのかというと、税金を支払う額を抑えることができるからです。せっかく働いてたくさんの収入を得ても、うまく経費として計上することができなければ、多くの税金を払わなければならなくなってしまいます。所得と経費の関係性...

≫続きを読む

個人事業主の控除の種類

個人事業主は、収入に対してかけられる税金を安くするために、所得控除を受けることができます。この「控除」は、収入を下げることができるので、支払う税金の額を抑えることができるのです。所得控除には、いくつかの種類があります。基礎控除・社会保険料控除・青色申告控除・配偶者(扶養)控除などが主な控除です。これ...

≫続きを読む

個人事業主の確定申告

個人事業主は、国に所得税を支払うときに、自分で申告書を作成して税務署に提出する必要があります。税金をどのくらい支払うべきかを判断するために確定申告が必要なのです。複式簿記という複雑な帳簿をつけなければなりませんが、実際にやってみるとそれほどむずかしいものでもなく、今はパソコンで行えるソフトも多数ある...

≫続きを読む

個人事業主の節税対策とは

個人で事業を行っている方にとって、経営戦略はとても大切なものになります。経営方法いかんによっては、赤字に転落する場合も出てくるからです。経営についてはすべて一人で行うことになりますので、事前にきちんと計画を立てて行うようにしてください。■個人事業主の節税対策について個人事業主として事業を行っている方...

≫続きを読む

確定申告はなぜ必要?

個人で事業を行っている人は、年度末に確定申告をして足りなかった税金を納めることになります。またこの時払い過ぎていた税金は還付してもらえます。このように確定申告を行うことで、1年間の事業を清算することになります。■確定申告の必要性について会社勤めのサラリーマンの方であれば、年末に年末調整を行って1年間...

≫続きを読む

行政からの融資制度

個人で事業を行う場合、必要になってくるのが資金ではないでしょうか。開業前は何かとお金がかかりますので、資金が足りなくなる場合がよくあります。資金がなくなると、たとえ黒字であっても経営維持が難しくなります。そのような時、資金を融資してくれる金融機関があると助かります。■日本政策金融公庫について個人が起...

≫続きを読む

ビジネクストのお申込はこちら

ビジネクスト事業者専用ローン『Businext(ビジネクスト)』

ビジネクストのおすすめポイント★

  • 総量規制の対象外!
  • 融資限度額は最高1000万円(初回契約時は上限500万円)!
  • 担保・保証人は不要!
  • 無担保で繰り返し借入が可能!
実質年率 融資額 保証人・担保 総量規制 申し込み
限度額100万円以上 8.0%〜15.0%
限度額100万円未満 13.0%〜18.0%
1万円〜1000万円(初回500万円) 不要 対象外 お申込みはこちら